総合診療部の重要さ|心筋梗塞などは定期的な診察で早期発見しよう

心筋梗塞などは定期的な診察で早期発見しよう

総合診療部の重要さ

医師

多くの人が怪我や病気になったときに最初に受診する病院が内科になります。病気や怪我の原因を明確にすることや的確に判断することで適切な治療法を考えてくれる病院になります。内科では、風邪や腹痛、頭痛、腰痛などの痛みやちょっとした切り傷や擦り傷などは内科の医師が適切な処置を行ってくれます。しかし、中には、思わぬ原因で引き起こされる病気や怪我などが有ります。そういった専門的な病気や重い怪我の場合は、専門的に扱っている病院を紹介されることになります。そういった役割も内科が行っています。

内科や消化器内科をはじめ、呼吸器内科、循環器内科、神経内科、腎臓内科、内分泌内科などの多くの専門的内科があります。最近は、こういった専門的分野に別れていることが多くあるので、内科としての役割も見直されています。あらためて、内科の大切さ、重要さが認識され、総合診療部などとして看板を掲げる病院やクリニックが増えています。
そのため、しっかりと適切な治療ができる病院やクリニックを見つけることが大切になります。

内科では、血液検査や触診、レントゲン、CTなどの検査などをすることができます。そういった検査をすることで病気の原因や正体を見つけられます。見つけることによって適切な処置をすることができることや生活習慣病を防ぐためにいろいろな対策をすることが必要ということもわかります。
人間ドッグや健康診断などもこういったことにつながります。いろいろな検査を受けることができるので、気になることがあれば、相談をして検査を受けることが可能です。